そばかすはなぜできるのか

そばかすは肌の日光が当たる場所にできてきます。顔や腕や肩といった部分にできるのです。そのそばかすが出来る原因は日光の中に含まれている紫外線というものが原因となています。つまり、そばかすができる原因は日に当たること、日焼けということになるのです。

紫外線は言わずと知れた人体には有害な光線となります。その有害な光線から身をも守ってくれてるのがメラニン色素ということになります。強い日光を浴びるとメラニン色素は数多く生産されることとなります。皮膚を紫外線から守ろうとする働きが活発化するからです。

しかし、あまりに日に当たりすぎメラニン色素の生産が増えすぎると生産過剰となってしまい皮膚の表面にメラニン色素が残ってしまうことになります。それがシミとなってしまうのです。日焼けが原因となるシミを防ぐにはできるだけ日に焼けないようにすることが大切です。

日頃から帽子を着用したり日傘を利用するなどして徹底して防御をすることが大切となってくるのです。もちろん、日焼け止めのクリームなどを塗るという行為も効果的なシミ予防になります。

そばかすを消す方法